国登録有形文化財    藤崎家住宅「赤松館(せきしょうかん)」



登録文化財

 藤崎家住宅(赤松館)は、平成12年10月18日付で、主屋をはじめ9件が登録有形 文化財に指定されている。

 その理由は、「江戸時代後期より代々庄屋を勤めた大地主の住宅で、建築年代は明治26年 (1893)である。主屋は座敷棟を中心に居間棟、台所・釜屋棟などからなり、建築面積は 769uに及ぶ規模を有する。主屋の座敷棟・居間棟の各部屋は銘木を用いた巧緻 な意匠になり、高い水準の大工技術を有する近代和風建築である。」

 登録有形文化財に指定されているのは、次ぎの9件である。
1.主屋一棟 (藤崎家住宅・赤松館)木造2階建、瓦葺、
建築面積769u
2.味噌蔵一棟 土蔵造二階建、瓦葺、建築面積61u
3.長屋一棟 木造平屋建、瓦葺、建築面積12u
4.篭部屋一棟 木造平屋建、瓦葺、建築面積41u
5.表門一棟 石造、間口5.8m、木製門扉及び左右袖塀付
6.真中の門一棟 木造、瓦葺、間ロ1.9m、木製門扉及び
東側塀延長15m付
7.下の門一棟 木造、瓦葺、間口2.3m、木製門扉
8.塀一棟 木造、瓦葺、延長161m
9.米蔵一棟土蔵造2階建、瓦葺、建築面積247u

 以上の内、主屋から塀までは、明治26年の建築で、米蔵だけは
旧宅からの移築で、昭和7年であった。

                       (平成15年度 熊大調査報告書より引用)

主屋一棟 配置図

味噌蔵
道路手前から見た味噌蔵 道路正面から見た味噌蔵
味噌蔵内部

長屋
長屋東面 長屋北面

籠部屋

表門
道路側から見た表門 館内から見た表門

真中の門
道路側から見た真中の門 館内から見た真中の門

下の門
駐車場側から見た下の門 館内から見た下の門


塀.道路東側より 塀.道路西側より

米蔵
正面

Copyright sekisyoukan. All Rigts Reserved